コロナ第二派 日経平均株価はどうなるのか

こんにちは!

波乗りトレーダーです。

 

今回は新型コロナウイルスが最近また全国各地で流行してきました。

今の勢いはすごく、毎日増え続けている状況です。

 

そんな中、日経平均株価は一時大暴落しましたが、今回はどうなるのかということで、それまでの経緯とともに見ていこうと思います。

 

こちらは日経の日足でのチャートになります。

 

いまこうやってみても2月からの大暴落からの上昇は凄いものですね。

 

しかしその後の動きとしては幅がそこまでないレンジを形成しています。

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、2月からの暴落と上昇の幅は約8000円でした。

これだけの短期間での動きとは思えません。

 

現在は2月からのコロナの流行に比べ、全国各地、世界各国でニュースになっており、コロナウイルスの話題がない日がありません。

 

TradingViewではコロナウイルスの推移も確認するチャートがあります。

それがこちらになります。

これは日本だけですが、各国、世界と見ることも可能です。

5月には全国で緊急事態宣言が発令され、横ばいに推移していましたが、ここ最近でまた急激に増加傾向にあります。

 

またこのまま増加傾向にあると、日本経済に影響を及ぼす可能性もあると考えられます。

 

しかし、現在はコロナウイルスの影響を受け、様々な企業が対策や経費削減の動きをとっています。

これを考慮すると、そこまで影響が大きくはならないのかなとも思います。

 

しかし、コロナウイルスで営業などに影響がでている企業はさらに厳しいことになりそうです。

 

とくに交通関係で航空業界には大きなダメージがあったと思います。

5月のゴールデンウィークで緊急事態宣言があり、国内の移動もほぼなくなりました。

さらにはこの期間で増幅傾向にあり、お盆などの帰省シーズンに稼働しないという状況に追い込まれています。

 

それが株価にも大きく影響を及ぼしています。

こちらは日本航空の日足のチャートになります。 

これをみてわかるのが、5月の緊急事態宣言が解除された後に上昇を見せていますが、最近のコロナウイルスの影響でまた下落しています。

 

このようにコロナウイルスが及ぼす影響がある企業とない企業があります。

飲食業界の企業でも、日本ハムなどいい方向に向かっていますし、コロナウイルスで大きく分かれることになりそうです。

 

日経225は日本の企業をベースに算出されているので、今後コロナウイルスでの影響で大きく動くということがあってもおかしくありません。

 

今後の日経平均株価の動きにも注目していきましょう。

 

※投資は自己責任の為、当該投資における利益・損失における責任は全て本人の元にあるものとし、最終的な決定はご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

 

トレーリングストップとは ~Part2~

こんにちは!

波乗りトレーダーです。

 

今回はトレーリングストップの2回目として、デメリットなどを書きたいと思います。

 

まずは前回記事を読んでいないかたはこちらからどうぞ。

 

naminori-trader.hatenablog.com

 

それではまずメリットのおさらいから簡単にみていきましょう。

 一言で言うと損小利大ですね。

利確地点を最大限に伸ばすことができました。

チャートで言うとこのような場面ですね。

利確地点よりもさらに大きく上に上昇し、利益をさらに伸ばすことに成功しています。

 

実際にみると、いいことしかないようにみえますが、実はデメリットも存在します。

 

それではでデメリットを見ていきましょう。

このように一時的に上昇し、ロスカットラインを上げたものの、その後下落し、一時的な押し目を作ったようなラインでロスカットに会う場面です。

 

このような場面はチャートを見ていたら多数ありますので、きちんとトレンドにのった状態でトレーリングストップを使用したりするなど工夫が必要かもしれません。

 

他の場面も見ていきましょう。

このような場面もデメリットになる可能性もあります。

レンジブレイク後にショートの場面です。

トレーリングストップの値を少なくしていたりすると、一時的な押し目の場面で、髭でロスカットにあってしまう場面です。

 

他の場面も見ていきましょう。

 

レンジブレイクでの大陽線からロングをいれた場面になります。

このように大陽線などでポジションを持った場合で、特に経済指標が絡んでくる場面がありますが、大きく動いて戻ってくる場面があります。

 

なので、ブレイクしたはいいが、そのまま押し戻されたような場面でロスカットにあう部分になります。

 

他の場面に行きます。

わかりやすく押し目を作った場面です。

損切値を変えない場合では、大きく取れた場面です。

きれいに押し目を作りさらに下落していっているシーンです。

 

いくつか場面を紹介しましたが、これらは1時間足を元に表現しました。

FXでは、時間足はどれがいいなどはありません。

自分自身の取引方法に基づき、一番合う時間足を見つけていくことが大切になります。

 

トレーリングストップを他に足でも使用し、自分自身の取引方法にあった値や時価足を見つけていくことをお勧めします。

 

※投資は自己責任の為、当該投資における利益・損失における責任は全て本人の元にあるものとし、最終的な決定はご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

 

トレーリングストップとは ~Part1~

 こんにちは!

波乗りトレーダーです。

 

今回はトレーリングストップについて書きたいと思います。

 

まずFXなど投資をする上で100%勝てるのが一番ではありますが、絶対勝てる投資など存在しないということを頭に入れておいてください。

そのような投資があればみんなしていますし、みんながみんな億万長者ですよね。

 

しかし、FXなど投資をする上では勝つときもあれば、負けるときもあると思うので、小さく負けて、大きく勝つということが一番の理想の形であるということになります。これを損小利大ということがあります。

 

以前お話した、FXなどの投資でのリスクリワードの話をおぼえていますか?

覚えていない方やリスクリワードのことを知らない方は前回の記事をみることをお勧めします。

 

naminori-trader.hatenablog.com

 

リスクリワード1:1であれば勝率が50%以上あれば、利益がでることになりました。

仮に1:2の場合は33%以上でしたが、1:2にしている場合で勝率が50%であれば利益が大きく出ることになります。

この勝率が一定でリスクリワード比がい大きくなれば、利益も出ます。なのでマイナスをいかに小さくして、プラスを大きくとれるかということが大事になってきます。

 

しかし、市場などでうまくいくことはなかなかありませんし、すべてがうまくハマるとは限りません。

 

なので、このトレーリングストップを利用し限りなく、損小利大を目指そうということです。

 

長くなりましたが、トレーリングストップについて説明します。

 

まず取引する際に利確のポイントと損切のポイントを決めると思います。

例としてチャートで表示します。

例ですが、青色のライン及び黄色の縦線でロングでポジションをもったとします。

そして利確、損切を30pipsをともにと設定します。

そのラインが赤色になります。

しかし、その後ロングのポジションを持ったと上昇しすぐに利確されてしまいます。ですがそのまま保有していたら利益を伸ばす形ができています。

 

このような場合に利益を最大限に伸ばすのがトレーリングストップです。

利益が〇pips以上でていれば、損切のポイントを〇pipsあげるなどpipsでトレーリングストップをかけることができます。

 

別の画像で見ていきます。

今回は赤色のラインを利確、損切のポイントを50pipsとしています。そしてトレーリングストップの値を30pipsにしましした。オレンジの部分がトレーリングストップのラインになります。

 

少しアップにします。

通常であれば赤色のラインで利確されてしまします。しかし青色の部分で30pipsの利益が出ているので、損切のラインを上に引き上げます。

実際はトレーリングストップを利用する際は利確ポイントは少し頭から外れてしまいます。

 

線が多くなってしまいましたが数字の順番にトレーリングストップのラインと損切のラインを表示しています。 

 

線が太くなり、番号が増えていくにつてトレーリングストップのラインと損切のラインが上昇していっているのがわかるでしょうか?

 

このように30pips利益がでれば30pipsあげるという設定であれば、上昇した際に利益を大きく伸ばすことができます。5番のラインまで到達したときがトレーリングストップのラインが30pips利益を上げた時であったので、損切のラインも5番まで引き上げられました。

 

そして上昇が終わり、価格が下がってきて青色の枠のポイントで利確されたという状態です。

 

トレーリングストップはうまく利用すれば利益を最大限に伸ばすことが可能になります。うまく付き合うことで損小利大というFXなど投資でよい結果をもたらすということに繋がりそうです。

 

しかし、このトレーリングストップにはデメリットも存在することを理解しておかなければいけません。それは次回に説明することにします。

 

※投資は自己責任の為、当該投資における利益・損失における責任は全て本人の元にあるものとし、最終的な決定はご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

 

XAUUSDとは

 

こんにちは!

波乗りトレーダーです。

 

今回はタイトルの「XAUUSD」について書きたいと思います。

 

そもそもXAUUSDとは何のことかと言うと、今話題になっている「金」のことです。

金=GOLDのことで、MT4などではチャート上に表示しようとしても金(Kin)などで存在はしません。GOLDやXAUUSDで表示されることが多いです。

 

実際にFXCMではXAUUSDと表示されています。

MT4でのチャートに通貨ペアの追加の方法は、ファイルより新規チャートを選びます。

その中にXAUUSDという表示であります。

見たことのない通貨ペアで何のことかわからないという方もいらっしゃったのではないでしょうか。

では実際に表示してみましょう。

 

こちらがXAUUSDのチャートです。

なぜこれが今話題になっているかと言うと、2011年ぶりに高値を更新したと話題になっています。

2011年なので、約9年ぶりのことになりますね。

現在、ビットコインやこの金などの法定通貨ではないものが今後の資産運用として注目されており、そちらを購入し保有するといった人も現れています。

 

実際にXAUUSDのチャートをみてみましょう。

 

MT4画面で確認すると非常に値上がりしていることがわかると思います。

赤色のレンジ期間は長くありますが、この時の価格は1300ドルほどです。

しかしその後、上昇し青色の部分少しもみ合いますが、現在は上昇し、1900ドルを超える価格になっています。その差は600ドルですね。日本円で約63000円になります。金の単位はオンスで1オンス当たり約1900ドル=20万円ほどになりますね。

1オンスは約28.3グラムほどです。なので、昔から1㎏保有している方なんかは凄いことになりますよね。

 

実際に2011年と言うとドル円もすごいことになっていました。

約75円という非常に今では想像できない円高でした。

 

このころにFXなどでドル円保有していたら、相当な利益になりますね。

あくまでも過去のことでこの時に保有しておけばというのはあとからでもたくさん言えるので、購入できるうちに買っておくのが一番ですね。

 

実際に機関投資家など大きな額を動かす人達よりも先に動かないと個人投資家は価格があがったりした後から保有することになるので、少なからず不利になりますよね。

 

なので常にチャートを見てチャンスがどこかに潜んでいないかを探ることが大事であると言えますね。

 

ぜひ今後上がりそうな銘柄な通貨ペアなどを探してみてはどうでしょうか。

 

※投資は自己責任の為、当該投資における利益・損失における責任は全て本人の元にあるものとし、最終的な決定はご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

 

ビットコインの最近の動きを見てみよう

こんにちは!

波乗りトレーダーです。

 

今回は最近のビットコインの動きをチャートで見ていこうと思います。

直近でビットコインが動いたので、注目していこうと思います。

現時点2020年7月27日の時点のビットコインのチャートはこのようになっています。

表示しているのは日足で1年前からすると、だいぶ幅が狭くなってきている印象です。

 

 

そして日本時間の7月26日の19時の足で10000ドルを突破しました。

10000ドルを突破したのは6月11日ぶりでした。

その後、さらに上昇をし一度利確する人がでたのか、価格は下落してしまいます。

7月27日11時現在では、10000ドルを下回る価格となっています。

 

時間足で見ていくと、下にラインができ、徐々に下値が切り上がっていることがわかります。

しかし、それと同時に上値も切り下がっています。

なので、状況としては上値切り下げ、下値切り上げの状態です。

これを言い換えると三角保ち合いであるとも言えます。

簡単ではありますが、このような形です。

徐々に値幅が狭くなってきていることがわかります。

 

この三角保ち合いの特徴としては、三角の先端にいけば行くほど、上昇、下落の大きさが大きくなる印象です。

上記はドル円(USDJPY)の4時間足になります。

こちらを見てみると三角保ち合いができているのがわかります。

その先端にいけば行くほど、その後の動きが大きいとも言えます。

これはどの時間軸(タイムフレーム)でも有効だと考えております。

 

他の時間軸も見てみましょう。

十分な形ではないかもしれませんが、三角保ち合いのようにどちらかの上値か下値が切り下げ、切り上げしてきているような場面ではFXなどの順張りなどで大きく利益を生み出せるチャンスでもあるということかもしれません。

 

もちろんこれが確実であるというわけでもないですし、ダマシにあう可能性もあります。

 

大きく動く初動にとられ、結局動きが大き瞬間で利確などする投資家が現れると、価格の動きが止まったり、損益方面に動く可能性も十分に考えられます。

 

これは各時間軸で確認し、全体的にその通貨絵ペアはどちらの方向に行こうとしているのか、プライマリーはどっちなのかなどを把握するといいと思います。

 

FXには正解はないと思いますし、様々な手法がある中で、利益を上げれる方法がいくつもあると思います。

 

これを機に、チャート上でどのような動きをしているのか、どんなパターンが多く存在し、どちらに動いているのかなどを探してみてください。

 

※投資は自己責任の為、当該投資における利益・損失における責任は全て本人の元にあるものとし、最終的な決定はご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

 

TradingViewのインジケーターの種類について

こんにちは!

波乗りトレーダーです。

 

今回はいままでインジケーターを紹介してきましたが、すべてMT4にあるインジケーターを紹介してきました。

 

ですが、MT4以外にTradingViewを以前紹介していましたので、そちらにあるインジケーターの種類をいくつか紹介したいと思います。

TradingViewにおけるインジケーター場所はこちらになります。

 

クリックしてみるとわかりますが、たくさんの種類があるのがわかります。

 

以前紹介したボリンジャーバンドですが、このTradingViewであれば複数のボリンジャーバンドがあります。

試しに全部追加してみました。

 

全部表示するとすごいことになってしまいました。

ひとつだけ表示してみます。

一番上のボリンジャーバンドです。

実際にクリックするだけで表示されました。

パラメータについてはこちらで変更することができます。

 

このようにいままで使用してきたインジケーターを表示したりすることも可能です。

他にもローソク足パターンや、公開ライブラリ、出来高プロファイルなどたくさんの種類があります。

これらの中には有料でないと使えないものもあります。

今回は私のTradingViewからもってきているので、Pro+のアカウントからもってきていますが、出来高プロファイルなどのインジケーターは無料では使用することができません。

 

この出来高プロファイルがどのようなものか表示だけしてみます。

まずは固定期間出来高から行きます。

このように指定した期間の出来高を確認することが可能です。

パラメータ画面はこのようになっています。

 

次にセッション出来高です。

パラメータ画面はこのようになっています。

 

 

続いて、セッション出来高HDです。

 

似ていますが、パラメータ画面が少し違います。

 

最後に、可視範囲出来高です。

 

 

以上が、出来高プロファイルの中にあるインジケーターでした。

株式投資を行う際に出来高を確認したりするので、個人的にはいいインジケーターであると思います。

 

しかし、こちらが不要で別に無料でもいいという方はそちらでも十分使用できますし、無理に有料にする必要もないと思います。

 

このようにTradingViewにはたくさんの種類のインジケーターが搭載されています。

実際にその数は、10万個以上との表示がされています。

 

公開ライブラリというものがあり、エンジニアなどインジケーターを作成し、無料で公開しているので、そのような数になっています。

 

今回を機会にMT4とTradingViewを比べて、自分自身が使用しやすいものを選ぶといいと思います。

実際にどちらも利点もありますし、インジケーターがたくさんあるほうがいいともいいえません。

 

まずは使用してみて決めるのが一番であると思います。

 

※投資は自己責任の為、当該投資における利益・損失における責任は全て本人の元にあるものとし、最終的な決定はご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

 

CCIとは

こんにちは!

波乗りトレーダーです。

 

今回はタイトルの「CCI」について書きたいと思います。

CCIとはCommodity Channel Indexの略で日本語で商品チャンネル指数と呼ばれます。

 

RSIやストキャスティクスと一緒でオシレーター系に該当します。

では実際に表示してみましょう。

今回はMT4を使用していきたいと思います。

場所はこちらになります。

デフォルトがこちらで期間は14本を使用してあることがわかります。

ここでいままでと少し違う部分がありますよね。

それは適用価格の部分です。

「Typical Price」というものがでてきていますね。

これは後で計算式の部分で説明したいと思います。

 

こちらが実際に表示したものになります。

CCIもRSIなどと同様にサブウィンドウに表示されました。

標準のデフォルトではレベルが±100に設定されていることがわかります。

 

※投資は自己責任の為、当該投資における利益・損失における責任は全て本人の元にあるものとし、最終的な決定はご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストキャスティクスとは

こんにちは!

波乗りトレーダーです。

 

今回はインジケーターの中でストキャスティクスを取り上げてみたいと思います。

ストキャスティクスオシレーター系に該当し、売られすぎ、買われるすぎを見ています。

しかし、ストキャスティクスは周期系とも言われ、売られすぎや買われすぎの周期をみているとも考えられています。

 

では実際にチャート上に表示してみましょう。

インジケーターがある場所はオシレーター系の部分です。

デフォルトの画面はこちらになります。

ストキャスティクスには%K、%D、Slow%Dといったものがあります。

こちらは後で説明します。

実際に表示したものがこちらになります。

よく見ると、ストキャスティクスには2つの線があることがわかります。

少しアップにして、ストキャスティクスだけ見てみます。

青色の線と、赤色の点線があるのがわかるでしょうか。

青色の線はメイン線、赤色の点線はシグナル線と呼ばれます。

 

ストキャスティクスを用いた取引方法で、シグナル線をベースに取引を行う方法や、シグナル線だけの方法、他にはメイン線とシグナル線のゴールデンクロスデッドクロスがあります。

このゴールデンクロスデッドクロスについては以前書きましたので、そちらを確認していただければと思います。

 

naminori-trader.hatenablog.com

 

それでは%K、%D、Slow%Dについて計算式を元に見ていきましょう。

 

%K、%D、Slow%Dの順番で書いていきます。

 

%K={ ( 当日の終値 - 過去〇本の安値 ) / (過去〇本の高値 - 過去〇本の安値 ) } × 100

 

%D={ ( 当日の終値 - 過去〇本の安値 ) の〇本の合計 / (過去〇本の高値 - 過去〇本の安値 )の〇本の合計 } × 100

 

Slow%=過去〇本の%Dの合計 / 〇

 

今回の場合に〇本に入るのはパラメータ画面で設定したものになります。

また%Dの計算式でわかるように%Dは%Kをさらに平滑化したものになります。

 

なので計算式をまとめると%Kを〇本分合計したものになるということです。

 

デフォルトでは5,3,3が今回入っていましたが、他にも9,3,3などが使われているものもあります。

 

では9,3,3で表示してみて比べてみましょう。

上が(5,3,3)で、下が(9,3,3)になっています。 

上と下で比べると、下の(9,3,3)の方が滑らかであることがわかります。

 

このように本数が多いと必然と滑らかになってしまいます。

実際にオシレーターで説明したRSIなども期間の本数を長くすると滑らかになってしまいます。

 

しかし、ストキャスティクスはパラメータ画面での本数設定が3つありその人の取引方法によって何パターンも期間を変更し周期を見ることができるという特徴があります。

 

実際に期間を変更してみます。

今回は(21,7,3)という期間に変更してみました。

先ほどよりは期間が長いですが%Kを平滑化した%Dに対してSlow%Dの期間が短いので滑らかさがやや失われています。

このように特徴的な場面も存在します。

 

ストキャスティクスはパラメータでたくさんの方法が考えられ、非常に面白いインジケーターの一つです。

 

ぜひこの機会に取り入れ、自分にあったパラメータを見つけてみましょう。

 

※投資は自己責任の為、当該投資における利益・損失における責任は全て本人の元にあるものとし、最終的な決定はご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

 

RSIとは

こんにちは!

波乗りトレーダーです。

 

今回はRSIについて書きたいと思います。

RSIはMT4に搭載されているインジケーターの中でもオシレーター系に該当します。

投資業界の中でも人気のインジケーターでもあります。

 

今回はMT4を使用してRSIを説明していきたいと思います。

 

まずオシレーター系とは売り買いの過熱感を見ており、売られすぎ、買われすぎを表しております。

では実際にMT4にRSIを導入してみましょう。

このようにオシレーター系に該当しております。

こちらがパラメータ画面で、期間は14本がデフォルトとなっております。 

こちらが表示した画面になり、移動平均線ボリンジャーバンドと違い、サブウィンドウというしたの枠に別に表示されています。

 

少しアップにして見ていきましょう。

ある一定の周期で、今回は14本ですが、それを元に売られすぎ買われすぎを見ています。

よくあるのが、70以上であれば買われすぎ、30以上であれば売られすぎと言われています。

 

RSIの計算式は非常にシンプルでわかりやすいと思うので、計算式から理解もしやすいと思います。

 

RSI = { X / (X+Y) } ×100

X:〇本の値上がり幅の平均

Y:〇本の値下がり値の平均

 

非常に簡単ですよね。

指定した期間の上がった幅がどのくらいあるのかと下がった幅を比べることで、どちらにむかっているかがわかるようになっております。

 

しかし、70以上であるからこれから絶対さがるなどといったわけではありません。

例えばこのような場面です。 

1時間足で大きな陽線を引き、上昇した場面です。

RSIの数値も70以上になり、非常に買われすぎであるということがこれをみて確認できます。

 

しかし青色の部分を見てみましょう。

価格はまだ上昇していますが、RSIは下がっています。

なのでRSIが70以上になったから買われすぎで下がると判断し、ショートをいれる場面では危険でもあるということです。

 

もちろん、きれいに取れる場面もあります。

 

RSIは非常にシンプルなので、色々な使い方があると思います。

例えば長期の期間を用いたRSIを使用してみたり、逆に短期を用いたり、RSIのダイバージェンスというのもありますね。

 

表示する方法は簡単なので、一度表示してみて、どのような場面が強くて弱いのか見てみましょう。

 

※投資は自己責任の為、当該投資における利益・損失における責任は全て本人の元にあるものとし、最終的な決定はご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

 

ユーロドルのチャートを見てみよう

こんにちは!

波乗りトレーダーです。

 

今回は前回と同じようにチャートをみていきたいと思います。

前回はドル円(JPYUSD)でしたが、今回はユーロドル(EURUSD)を見ていきたいと思います。

今回もTradingViewを使用したいと思います。

 

こちらがユーロドル(EURUSD)のチャートになります。

前回同様、日足で表示しています。

 

ドル円と同じように1993年からチャートを表示することができました。 

 ユーロドルはその名の通りユーロとドルで構成されていますが、日本人からしたらあんまりなじみがないかもしれません。

しかし、このユーロドルは世界で1番取引量がある通貨ペアであるという事実があり、世界的にみると大変人気の通貨ペアです。

 

ユーロというとヨーロッパ近辺の19か国からなるもので人工換算で言うと、アメリカを上回るともされています。

 

なので、このユーロドルはFXをする上で非常に重要な通貨ペアでもあるので、確認することをお勧めします。

 

 

こちらはユーロドルとドル円の比較になります。

TradingViewではこのようにひとつのチャートに比較するチャートを重ねて表示することができます。

実際に重ねてみると面白いことがわかると思います。

赤色がドル円の表示なのですが、同じような動きをしていることがわかりますでしょうか?

 

詳しくいうと、同じ動きを反対にしたものに近いと言えるでしょう。

ドルという同じ通貨がどちらもあり、ドルが買われるとドル円はチャート上でいうと上昇します。

対してユーロドルはドルが買われると下落します。

なので、ドルで動いてる場合などがあるため、実際の動きが似てくるということは必然ということです。

 

ではユーロを軸にしてユーロ円も少し見ていきましょう。

 

これはユーロ円とドル円の比較になります。

同じ円があるので、円が動くと同じ動きになるということがわかります。

 

続いて、ユーロ円とユーロドルの比較になります。 

 

こちらもユーロがあるので、ユーロが動いていると似ている動きになっています。

 

このように通貨ペアには相対通貨があります。

ドル円はUSD/JPYと書かれています。

ユーロドルはEUR/USDと書かれています。

 

ドル円は前にUSDがついているので、USDが買われるとチャート上では上昇します。

ユーロドルは後ろについているので、USDが買われるとチャート上では下落します。

 

これをチャート上で確認していくことでなにを軸に動いているのかということがわかります。

 

特にスキャルピングなど素早く取引をする際には、どの通貨を軸に動いているのか

を確認することが大事になってきます。

 

ぜひチャートに通貨ペアを2つ表示して、どれを軸に動いているのかを確認してみましょう。

特に経済指標などがある時にはわかりやすく動くので、そちらをみて確認してみてもいいかもしれません。

 

m.finance.yahoo.co.jp

経済指標などはこちらで確認してみてください。

 

※投資は自己責任の為、当該投資における利益・損失における責任は全て本人の元にあるものとし、最終的な決定はご自身の判断(自己責任)でお願い致します。